タペストリーメーカー「PINTON」によるホテルデヴルーの「ラサールデフィテス」リノベーションこの度、「ホテルデヴルー」のラグ、及び、カーペットがPINTONによりリニューアルされました。

ホテルデヴルーとは、フランス政府が管理し、諸外国の大統領がエリゼ宮を訪れてたときに使用されるホテルです。

以下は、フランス大統領を補佐するディレクターが直接書いたPINTONの推薦状の翻訳となります。

アトリエ PINTONへ

我々は、2019年に完成した«rénovation de la salle des fêtes de l’hôtel d’Évreux»プロジェクトにおいて、ラグとカーペットの製造と供給をPINTONへ委託しました。

PINTONは、Felletin-Aubussonを拠点とするフランスのカーペットメーカーです。

我々は、提供された品の品質に加え、デザインチームの創造性とスタッフのプロ意識に非常に感銘を受けました。

我々は、今後のプロジェクトにおいても、PINTONと一緒に取り組みができることを非常に嬉しく思い、PINTONを強くお勧めいたします。

フランス大統領官邸
ディレクター