ロベール・ドローネー(Robert Delaunay, 1885年4月12日-1941年10月25日)は20世紀前半に活動したフランスの画家。ドローネとも表記される。抽象絵画の先駆者の一人として知られる。妻のソニア・ドローネーも画家であった。